こんばんは。


遅めの水津です。



こころでは、看護師とリハビリスタッフがいます。



これってけっこうな強みだな~と思うことが多々あります。



例えば、利用者さんの状態が安定していなかったりした場合は看護師が介入。

その後落ち着いてきたらリハスタッフに引き継ぐなんてことができます。

逆のパターンもあります。

リハビリで介入してた方がじょくそうが出来たり、ちょっと体調を崩してしまったりなんて時は看護師が介入したりします。

つまり自社内でサポートできるということなんです。

そうするとリハの状態も看護の状態もどちらも把握出来るし利用者さんの負担にも軽減つながるのかなと。



それともう一点。

実際にリハスタッフが行っているリハビリ内容を見ることができ看護師のリハビリ技術も向上できる。

逆に看護師の目が入ることで医療的な視点、知識がリハスタッフも向上できる。

お互いが向上できるんですよ。




これってリハビリステーションならではのように思います。


おまけにうちのステーションはスタッフ同士が仲が良い!


ステーション内では笑い声が絶えなかったり、疑問に思っていること悩んでいることをすんなり言えるんです。



最高のステーションです。



では。