訪問看護ステーション日記。

東京都板橋区で活動する「こころ訪問看護リハビリステーション板橋」の日々の記録。

2015年09月

宮下です。


9/26(土)の夜に私の祖母が亡くなりました。

ブログで書くべき話題ではないとは思いましたが、93歳の大往生でしたので悲しむべきことではないのです。

実家で療養していたのですが、数か月前からは施設におりました。

22時過ぎに緊急の知らせを受けて施設に向かったのですが、到着した時には既に息を引き取っていました。


施設の方のお話だと1時間前には会話(実際にはジェスチャーでの)もしていたとのことで、苦しむ時間というのは短かったようです。


訪問看護ステーションを運営しているからでしょうね。

視点は対応して頂いてるスタッフの方に目が行きます。

言葉の一つ一つ、所作の一つ一つ、どれも優しさにあふれていて、なんだか感動さえしてしまいました。


・・・・・・・・


祖母との思い出、どこに書いていいのかわからないので、ここで書かせてください。

小学生の頃、祖父母の家に母と一緒に行く時は、雑誌の「小学○年生」を買ってもらえることができました。

絵を書くのが好きだった私は、祖母が用意してくれてるチラシの裏紙(ツルツルした白い面)に雑誌で連載にされていた「パーマン」や「オバQ」の絵をしょっちゅう書いていました。

その落書きを小さい私が捨てようとすると、祖母は毎回それを取り上げ、どこかにしまい込みずっと取っておいてくれたのでした。


・・・・・・・・


土曜の夜に施設や病院を行ったり来たり、深夜まで起きてる間、祖母がパーマンセットを使って、遠い空に飛んでいくようなそんな想像が頭の中で行ったり来たりしていました。


優しいおばあちゃん、ありがとう。さようなら。


久しぶりの水津です!!


週末は氷川神社のおまつりへニコニコ


金曜日の朝からワクワクそわそわしていた私。


午後になるとチャリンコこぎながら頭の中は何を買おう、食べよう、、、こればかり。



そしていざ、おまつりへ自転車

毎年楽しみにしているのがコレ!



りんご飴ラブ

りんご飴知ってます?
オーナーの宮下も、OTの佐藤もどちらも「なんですか?それ」って。
あんず飴なら知ってると。
違う!違う!!りんご飴りんご
小さい頃から大好物!!
今年も食べられて幸せラブラブ




そして、娘はお小遣いためてくじ引きをしてコレを
ゲット!




ふうせんのわんこ。
名前は「チャロ」だって。
チャ色の犬のくるマで「チャロ」らしい。
これを家中連れて歩き回ってたら、我が家の本物の犬たちが威嚇してワンワン吠えまくってうるさかったので、即終了!!
抱いて遊んでた。


かき氷も食べた。




おまつり幸せ!!




話がちょっとズレて、私の実家は茨城。

茨城だけだと東京に来て初めて知ったんだけど、

こういうおまつり時の屋台とかって、茨城では運動会にもあるんです。

学校の校庭にテキ屋の屋台が。

だから、運動会もりんご飴食べられて幸せだったんだよね。

東京の運動会にはもちろんそんなのなくて衝撃でした。

なんとなくさみしい。
おまつり騒ぎの田舎の運動会からしたら都会はちょいと静か。

なにより、おまつりの時にしかりんご飴を食べられないのがさみしい。

また来年まで、りんご飴さんさようなら。



宮下です!


こないだの日曜日、朝食を食べてる時に、今日は雨だし外に遊びに出れないし、うーんと考えていました。


そうだ、普段作らない料理をしてみよう。


と、京都行こう風に思いました。


以前から作ってみたかったギリシア版ケバブの「ギロ」を作ることにしました。

こんなの気持ちの余裕のある時にしか作れない。


大学1年生のまだ10代の頃、バイトで稼いだ小遣いを全て旅行に費やして、2か月ほど中東・東欧をぶらぶらしていた時がありました。


イスラエルから船でギリシアに渡り、ペロポネソス半島を中心にほっつき歩きました。

その時に食べたギリシアの名物料理、【ギロ】と【スブラキ】というギリシア版ケバブの美味しさにものすごく感動したのでした。

(ギロとスブラキの違いは肉の形状によるもので味つけは同じ)


最近はマイタウン板橋でも、トルコのケバブ屋さんができてるけど、なぜ日本にはギロ・スブラキ屋さんがないのか!?と不思議に思っていました。


これは自分で作るしかない・・・・


朝食を食べたら速攻で仕込みを始めました。


以下忘備録としてレシピを記載します。


豚ブロック肉と鶏ムネ肉をオレガノを振りたくって、塩、おろしたにんにく、おろし玉ネギ、オリーブオイルを塗って冷蔵庫へ。

(コショウはちびっ子がいるので省略)


ソースはヨーグルト1箱(450g)をこして水分をしっかり抜き、にんにく1片、きゅうり1本分を皮をむいておろして混ぜます。

(フレッシュなにんにくをしっかり混ぜ込むのがポイント)


強力粉250g(6枚分)を水、塩、オリーブオイル入れてこねて休ませて、棒で15cmぐらいの円状にします。

(ピザ生地を作る要領です)


生地はフライパンでオリーブオイルをひいて焦げ目がしっかりつくまで焼きます。


お肉もしっかり火が通るまで焼き、スライスします。





焼いてアツアツの生地に肉、オニオンスライス、トマト、ソースを盛り、くるんで完成!



とんでもなく美味かったです!

自分でもびっくりの再現性。

うーん、20年前の記憶が今時空を超えて蘇った感じ。

もっと早く作ってみればよかった。

嫁と3歳の娘もうまいうまい言って食べてくれてます。


これはリピありです。

原宿の小さい一角でギロ屋さんをやりたいなぁ。




写真は地味なので感動はまったく伝わりませんが・・・


このページのトップヘ