みなさま、こんにちは。
謎多き訪問の世界をオープンにすべく、ブログ更新に勤しんでいる広報担当です。

おとといは強風、昨日は真夏で、今日は肌寒い・・・。
どういうこっちゃねん!
体調を崩さない方がおかしいんじゃないかというお天気ですね。
皆さまも体調崩されないよう、お気を付けください。



4月も中旬。
桜が散って、今度は青々としたみどりが目に入ってきます。
こちらは公園の菜の花。

IMG_5233
きれいなみどりと黄色ですね~。湯がいたらおいしそう・・・(*´ -`)(´- `*)
IMG_5235
利用者さんから頂いたお花を自転車に積んで移動☆
IMG_5236
(どうしたって、はみでる・・・!)





さて、今回は入浴介助についてのご紹介です。

ケアマネさんやご家族から「(しばらく入っていないので)お風呂に入れてあげてください」という依頼は、以外と多いです。しかし…!実際に訪問して利用者さんに会ってみると、「風呂なんかいいよ!!」とご利用者さん自身は拒否されることもしばしば。

そんな時は 【あわてず、あせらず、あきらめず】の精神。
まずは信頼してもらって、入浴できるよう、徐々に徐々にアプローチしていきます。

ここが腕の見せ所!という感じです。
入浴するメリットや必要性を言うばかりでは、正直動いてくれません。
嫌がる理由を知り、対策を取り、うまーく言葉巧みに誘導する…。
訪問に同行した際の、先輩のトーク術はとても勉強になります!


準備するのは、ビニール袋にタオルとエプロン(どちらも会社の物)。
装備するとこう☆
BlogPaint
これで靴下を脱いで、ズボンをまくり上げる、と。

例えば16時に訪問するとしたら・・・
16:00 訪問
16:10 挨拶、世間話、バイタルチェック、全身状態の観察
16:15 入浴準備(お湯はり、暖房、タオルの準備など)
16:20 入浴(背中を洗ったり、見守り)
16:40 お風呂から上がり、更衣
16:50 水分摂取、バイタル測定
16:55 記録
17:00 退出

という、時間配分と流れです。

全身をチェックできるタイミングはなかなかないので、異常がないか、さりげなくチェック。
自立されている方でも褥瘡ができていたり、内出血がみられたりすることも多々あります

また、各家庭それぞれのお風呂場や入浴の流れ、物品の置き方があるので、元の場所・形に戻す!というのが地味に大事だな~と思いますね。

介助している方は汗だくになって帰るので、外と内の温度差にやられないよう注意も必要です。


入浴するまでは渋々だった方も、久しぶりにお湯につかると、「はぁ~気持ちいわ~」とほっこりされるので、こちらもほっこり(●´ω`●)多少疲れても、頑張っちゃう!!(笑)

ということで、訪問入浴編でした!




撮影時にあっちゃん先輩が戻ってきたので、遊ぶ・・・
BlogPaint
ヒュージョン‼


ではまた来週☆