宮下です!


こないだの日曜日、朝食を食べてる時に、今日は雨だし外に遊びに出れないし、うーんと考えていました。


そうだ、普段作らない料理をしてみよう。


と、京都行こう風に思いました。


以前から作ってみたかったギリシア版ケバブの「ギロ」を作ることにしました。

こんなの気持ちの余裕のある時にしか作れない。


大学1年生のまだ10代の頃、バイトで稼いだ小遣いを全て旅行に費やして、2か月ほど中東・東欧をぶらぶらしていた時がありました。


イスラエルから船でギリシアに渡り、ペロポネソス半島を中心にほっつき歩きました。

その時に食べたギリシアの名物料理、【ギロ】と【スブラキ】というギリシア版ケバブの美味しさにものすごく感動したのでした。

(ギロとスブラキの違いは肉の形状によるもので味つけは同じ)


最近はマイタウン板橋でも、トルコのケバブ屋さんができてるけど、なぜ日本にはギロ・スブラキ屋さんがないのか!?と不思議に思っていました。


これは自分で作るしかない・・・・


朝食を食べたら速攻で仕込みを始めました。


以下忘備録としてレシピを記載します。


豚ブロック肉と鶏ムネ肉をオレガノを振りたくって、塩、おろしたにんにく、おろし玉ネギ、オリーブオイルを塗って冷蔵庫へ。

(コショウはちびっ子がいるので省略)


ソースはヨーグルト1箱(450g)をこして水分をしっかり抜き、にんにく1片、きゅうり1本分を皮をむいておろして混ぜます。

(フレッシュなにんにくをしっかり混ぜ込むのがポイント)


強力粉250g(6枚分)を水、塩、オリーブオイル入れてこねて休ませて、棒で15cmぐらいの円状にします。

(ピザ生地を作る要領です)


生地はフライパンでオリーブオイルをひいて焦げ目がしっかりつくまで焼きます。


お肉もしっかり火が通るまで焼き、スライスします。





焼いてアツアツの生地に肉、オニオンスライス、トマト、ソースを盛り、くるんで完成!



とんでもなく美味かったです!

自分でもびっくりの再現性。

うーん、20年前の記憶が今時空を超えて蘇った感じ。

もっと早く作ってみればよかった。

嫁と3歳の娘もうまいうまい言って食べてくれてます。


これはリピありです。

原宿の小さい一角でギロ屋さんをやりたいなぁ。




写真は地味なので感動はまったく伝わりませんが・・・